循環器内科の勉強してます

「Cardiovascular Forum2012」

 の無症候性PADについての講演会に行ってまいりました。
PAD(末梢動脈疾患)に関して、冠動脈ステントから薬のことまで、足の血管の病気は足の病気ではなくあくまで血管それも全身の病気と改めて考えさせられました。
[PR]



# by oganojunnai | 2012-06-21 17:56 | 講演会のこと

ICUとは何か??

 ICUって知っていますか?医療時従事者の皆様は知っていると思いますが、中には改めてICUとは何か?
???って思う方もいるかもしれません。そこで私が疑問に思ったことを調べていきます。

 ①ICUとは何の略語か?
 ②ICUの起源とは。
 ③なぜICUが必要か?

まず①です。ICUとは、Intensive Care Unitの略です。日本語では集中治療室といいます。

そして②は調べるのにネットでは、多少限界を感じましたが、第二次世界大戦時に負傷した兵士を治療する時に、軽症者と重症者を同じ病室で診るより、重症者だけを集めて治療した方が、治療成績が良かったことが、集中治療の始まりらしいです。第二次世界大戦後に近代麻酔科学が導入され、手術の安全性も飛躍的に向上。術後の厳密な全身管理が必要となり、同時に、心肺停止に陥った患者さんに対する医療も確立し、1970年代から大病院を中心に集中治療病室が設置されたとのことでした。
③は②とほぼ同じと考えていいでしょう。

ICUのほかに、専門的なものとして、
・冠疾患集中治療室 - CCU (Coronary Care Unit)
 循環器系、特に心臓血管系の疾患を抱える重篤患者を対象としたもの。
・脳卒中集中治療室 - SCU (Stroke Care Unit)
 脳卒中患者を対象としたもので、基本的に脳神経内科(→神経学)に属する。NCU(脳神経外科集中治療  室)も設置されている病院もある。
・外科系集中治療室 - SICU(Surgical Intensive Care Unit)
 従来の「術後回復室」が高度化したもので、主に全身麻酔による外科手術直後の患者を、容体が安定する  まで短期間(当日~2日程度)収容する。
・脳神経外科集中治療室-NCU(Neurosurgical Care Unit)
 脳神経疾患や頭部外傷での脳外科手術後に収容される。SCU(脳卒中集中治療室)の役割を併せ持って  NCUとする病院も多い。SICU(外科系集中治療室)と領域が重複するため、日本ではNCUとSICUの両方 置く病院は今のところ存在しない。
・新生児集中治療室 - NICU (Neonatal Intensive Care Unit)
 新生児用の集中治療室のこと。産婦人科に併設され、新生児のうち極低出生体重児や仮死新生児など、集 中治療が必要な患者を対象としたもの。正しくは新生児特定集中治療室。
・腎疾患集中治療室 - KICU (Kidney Intensive Care Unit)
 腎臓疾患患者を対象としたもの。
 精神病集中治療室 - PICU (Psychiatry Intensive Care Unit)
 基本的に精神科病院に設置されており、精神病急性期患者を集中治療するものと、精神病以外の内科疾  患を併発している患者を集中治療するものに分けられる。前者は個室や隔離室であり、病院によっては急  性期病棟の大半をこのPICUとしている場合もある。
・小児集中治療室 - PICU(Pediatric Intensive Care Unit)
 小児専門病院や特定機能病院に設置されているが、小児科医療を取り巻く様々な事情により施設数は極僅 かである。心臓病をはじめとする難病疾患をもつ小児患者や、救急搬送された重篤な小児患者を収容す   る。
・呼吸器疾患集中治療室-RCU(Respiratory Care Unit)
 重篤な呼吸器疾患患者を対象としたもの。
・母体胎児集中治療室-MFICU(Maternal Fetal Intensive Care Unit)
 合併症妊婦などハイリスク妊娠や切迫流産の可能性の高い妊婦に対応するためのいわゆる産科ICU。基 本的に個室となっている。同等の設備をもつ陣痛室もあるようである。
・高度治療室/ハイケアユニット - HCU (High Care Unit)
 名称から受ける印象とは異なり、ICUよりはランクが落ちる。ICUから一般病棟に移動させる際に、経過を  観察したりするために用いられる。麻酔科医や診療科医師が常駐しない場合もある。
・救命救急ICU
 救命救急センターに設けられており、急病や外傷など救急医療で搬送された危篤状態の患者を収容する。 救急医学の担当領域となり、生命の危機を脱すると他のICUやHCU・一般病棟に移される。
丸写しですいません。
こんな専門的なものもあるようです。多岐にわたっているようです。

疑問が出たらまた調べてアップしていきます!!


人気ブログランキングへ
[PR]



# by oganojunnai | 2012-05-25 17:55 | 病院のこと

隠れ家的なこと

 講演会のあと玉田先生に「TAKU」南2条店へ連れて行っていただきました。
小さな路地に入り、2Fへそのあと少し長い廊下を奥へ。さらに階段を上るとそこにありました。たぶん一人ではいけません。大人の隠れ家的です。カウンターが10席くらいとテーブルが12席くらいと思います。店内は外見から想像していたよりも広かったです。
 コースです。
a0211472_13331446.jpg

1品目は「豆乳豆腐」
とても滑らかでした。
2品目はカブと牡蠣を煮たものです。
a0211472_13361483.jpg

あっさりしていましたがとても濃厚でした。
3品目は前田牛のあぶり焼き
この品は食べるのに夢中で写真を撮り忘れました(汗)
4品目はトマトのカッペリーニ
a0211472_13461613.jpg

a0211472_13462652.jpg

これが、見た目はトマトのパスタなのですが、実は味は、
それにざるそばを掛け合わせたような味で、とても美味しかったです。薄くなく濃くなく、風味はバッチリといった感じでしょうか。
5品目はタラの芽とチカの天ぷら。
この品も食べるのに夢中で写真を撮り忘れました(汗)すいません。
6品目は寿司でした。
a0211472_1349332.jpg

7品目はデザート
a0211472_13504082.jpg

イチゴとカタラーナでした♪
口直しに最高でした!!

玉田先生ご馳走様でした。毎回毎回いつもすいません。がんばって働きます!!!


人気ブログランキングへ
[PR]



# by oganojunnai | 2012-05-22 18:30

行ってきました。

 玉田先生にお誘いいただいて、講演会へ。ありがとうございます。
5/18(金)の19:00~「虚血性心疾患 Up-to-Date」千葉大学院医学研究院循環病態医科学教授 小林欣夫先生と「内視鏡下心臓手術の展望」東京医科大学病院心臓血管外科教授 杭ノ瀬昌彦先生の2本立てでした。
 虚血性心疾患の講演では今日の医療連携から男性、女性、年齢等のデータなどから病気になる確率等、私でもわかる内容でとても興味深かったです。また、後半にはお酒と心疾患の関係、未婚、離婚、死別と心疾患の関係なんかもありました。
 2つ目の講演では内視鏡下における心臓手術ということで、心臓の特に弁狭窄の手術の実例がありました。始まりは手術後に以下に傷が目立たないように。。。。女性の患者さんで、手術の傷が下着に隠れるようにということから始められたようです。特に傷の小ささは圧巻でした。乳房の下端に沿って手術の傷のあとがありましたが、胸の真ん中にあるわけでもないので、目立ちません。私は男なのであまり気になりませんが、女性でしたらこういう選択肢もあるのではと思いました。
 以上講演会に行ってきました。
 続く。
 
人気ブログランキングへ
[PR]



# by oganojunnai | 2012-05-21 18:20 | 講演会のこと

講演会に行ってまいりました。

 昨日、講演会に行ってまいりました。
循環器ミーティングというもので、今回は「時計台病院がご紹介頂いた症例から学ぶこと」という題でした。
浦澤先生の講演だったのですが、ちなみに浦澤先生昨年度は海外で7回の学会発表、週刊誌に2回、医TVに1回出演、財界さっぽろの北の名医にも掲載されたそうです。凄い。

①心電図のST変化
 心電図のST上昇、ST低下とは、ST上昇=心筋梗塞
                     ST低下=狭心症の所見だそうです。
 ちなみにSTとは心電図のPQRSTUのSとTのことです。

②急性心筋梗塞の血液検査
 なんと、発症後50~60分では、採血データに異常は見られないようです。
 トロップTも発症後3時間以上たたないとデータには現れてこないと聞いて驚きました。

③心疾患との発症の関係。
 よく言われていることですが、DM(糖尿病)で4倍、喫煙で6倍に増えるそうです。
 また、心疾患がある患者の2~3割は足にも閉塞性動脈硬化症を持っており、25%がけい動脈、
 12.5%が腎動脈にも狭窄があるそうです。もちろん脳動脈にもある割合は増えるそうです。

非常にわかりやすい講演でした。私のレベルが上がったのか、それとも今回の講演がわかりやすかったのか、おそらく後者のほうです(笑)勉強になりました。


人気ブログランキングへ
[PR]



# by oganojunnai | 2012-05-09 18:09 | 講演会のこと

小笠原クリニック札幌病院の医師マネージャーです
by oganojunnai
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧