循環器内科の勉強してます

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧




臨床心臓研究会へ

 10/14(金)玉田先生にお誘い頂き、第83回臨床心臓研究会へ。
講演が二つあり
 1.「冠攣縮と院外心停止:被災した東北大学病院からの報告」
   国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 部門長 安田 聡先生
 
 2.「大動脈疾患治療の現状と展望」
   浜松医科大学 外科学第一講座 教授 椎谷 紀彦先生

a0211472_2021286.jpg


  1の講演では、震災の前後で冠攣縮と心不全が増えたこと、
 また救援食料がカップラーメンやスナック菓子が
 きてしまって塩分を取りすぎる傾向にあること。
 肺炎、心不全はおおよそ1.5倍になった。
 ことなど、震災での貴重な体験を
 実際の数字とともに講演されていました。

  2の講演では、大動脈のステントグラフト術について、
 ステントグラフト術と開腹、開胸手術のメリットデメリットについて
 また、症例の部位や、同時にある狭窄等での判断や、
 成功率や成功例のお話がありました。印象的だったのが、
 デバイスの進歩でまだまだ手術の成功率が上がるとのこと。
 さらには、デバイスの進歩で外科医が要らなくなる!?
 というようなこともおっしゃっていました。とても印象的な講演でした。


  しかし、2時間真剣にいすに座りっぱなしで人の話を聞き続けることのほとんどない私。
 睡魔には襲われずに尿意に襲われるという。。。2つ目の講演に入る前に、休憩があると踏んでいたのですが、ない。ない。
  結局、椎谷教授の話と尿意が思い出に。。。汚くてすいません。


  そのあと、立食があり、初めての私は玉田先生の後ろにぴったり張り付いていました。なんと、北海道医療センターの竹中先生やNTT病院の松浦先生、当院の斉藤先生のご兄弟の先生もいらっしゃってました。
  そういえば、ほかの病院の先生なんて営業以外で会うことほとんどないし、
普通にしゃべってる玉田先生をみて「スゲェー」と思っていました。

  その後、玉田先生に円山のshiroって言う焼き鳥屋に連れて行っていただきました。ココがまたすごいんです。私的には、こんな焼き鳥屋があるんだーー!????って感じです。

  とにかくきれい、おしゃれ、くさくない。そのせいか、店内には女性客が多いような気がしました。
a0211472_20294396.jpg

a0211472_20295565.jpg

a0211472_20301476.jpg
a0211472_20302620.jpg

チーズの焼鳥??やブルーチーズのチャーハン!!本当においしかったです。
先生ありがとうございました!!

人気ブログランキングへ
[PR]



by oganojunnai | 2011-10-17 20:29 | 病院のこと

ハザードマップ2

 昨日に引き続き。
ハザードマップはさておき。

洪水や水災害の際には、
①浸水の中を無理に非難すると、水に流されたり、マンホール に落ちることがあります。
②周囲が浸水した場合には自宅の2階や近くにある頑丈な高い建物へ緊急的に非 難してください。
③地下やアンダーパスなど低いところは水が集まりやすく、閉じ込められる恐れが あります。

それを踏まえて、これがハザードマップです。
a0211472_1915122.jpg

a0211472_192665.jpg

a0211472_1921313.jpg

3枚目の写真のエンピツの先が当院です。

ちなみに一番近い避難場所は、真駒内小学校(15番)の場所です。

当院からは、ココに非難しましょう。
また、避難時には近所への呼びかけや、お年寄り、体の不自由な方への協力も心がけましょう。

以上です。

人気ブログランキングへ
[PR]



by oganojunnai | 2011-10-07 19:16 | ほかの事

ハザードマップ

 皆さんハザードマップってご存知でしょうか??

① ハザード【hazard】・・・ 危険。特に、予測できない危険。
② マップ【map】・・・・・・・・地図。

要するに、「危険地図」です。
ちなみにWikipediaでは、
 ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、
その被害範囲を地図化したものである。
 予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、
さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されている。

 ハザードマップを利用することにより、災害発生時に
住民などは迅速・的確に避難を行うことができ、
また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、
災害による被害の低減にあたり非常に有効である。
日本では、1990年代より防災面での
ソフト対策として作成が進められているが、
自然災害相手だけに発生地点や発生規模などの
特定にまで及ばないものも多く、また予測を超える
災害発生の際には必ずしも対応できない可能性もある。
掲載情報の取捨選択、見やすさ、情報が硬直化する危険性
などの問題も合わせて試行錯誤が続いている。
2000年の有珠山噴火の際に、
ハザードマップに従い住民・観光客や行政が避難した結果、
人的被害が防がれたことで注目された。


そんなマップがなんと当院のある札幌市南区にも存在しました。

もったいぶって、次回にします。

人気ブログランキングへ
[PR]



by oganojunnai | 2011-10-06 19:35 | ほかの事

twitter

みなさん、久しぶりの更新本当にごめんなさい。
ところで、ツイッターって何か知っていますか。

Wikiより
Twitterは、ブログ・SNSとチャットの中間のようなシステムを持つ。

ツイッターはブログSNSとチャットの中間。

短文で更新できるところが大きな魅力のようです。
以上短いですが、もっと勉強します。

人気ブログランキングへ
[PR]



by oganojunnai | 2011-10-05 17:57 | 病院のこと

小笠原クリニック札幌病院の医師マネージャーです
by oganojunnai
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧